小顔やしわ取り、多汗症治療にも使われるボトックス

admin

ボトックスとはなにか

ボトックスとは、ボツリヌス治療のことを指します。治療に使用される薬剤は、天然のたんぱく質から毒素を分解したもので、ボツリヌス菌そのものが含まれているわけではありません。ボトックスは商標登録名であり、薬剤全般の総称はボツリヌストキシンです。ボツリヌストキシンの持つ、筋肉の収縮を抑える働きを利用することで、しわ取りや小顔を目的とした美容に用いられます。また、汗腺の働きを抑えることも可能なため、多汗症の治療に用いられることもあります。

ボトックスのメリット

ボトックス注射の長所は、わずか数分で完了するという点です。メスを使った治療と異なり、傷口や傷跡を気にする必要がありません。また、ボツリヌストキシンは複数の製薬会社から製造、販売されていますが、安全性の高い製剤を使用している信頼度の高いクリニックを選択することが、副作用を起こさないうえでも重要です。十分な効果を得ることはもちろんのことですが、アフターケアにもしっかり対応してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

ボトックスの効果は永久的ではない

気軽に受けられるのがボトックスの良い所ですが、注射の効果は永久的ではありません。個人差はありますが、数ヶ月から一年程度で効果は無くなってしまいます。さらに、効果が現れはじめて安定するまでに半月程度を要します。こういったボトックスの特徴を踏まえておきましょう。たとえば、パーティーなどイベントを控えている場合、その1ヶ月前にボトックスの治療を受けるのが効果的です。もし、効果を持続させたい時には、定期的に注射を受けることも可能です。

ボトックスは、肌トラブルを改善できる治療法のひとつであり、スキンケア対策を進めるうえで欠かせないものとなっています。