レーザー脱毛では施術後のケアに細心の注意を

admin

肌にも熱を発生させる危険が

レーザー脱毛ってありがたい方法ですよね。それまではニードル脱毛しかなかったわけですから。ニードル脱毛の方が毛の再生率は低いみたいですけど、針を肌の奥に刺すって、それも次々と・・・。痛いし怖いし。でもレーザー脱毛の登場で選択肢がありがたくも広がりました。誰だってこちらの方法を好みますよね、普通。ただ、レーザー脱毛は黒い色に反応して熱を発生させるレーザー光を使っているから、肌に黒っぽい色素が白人より多い日本人はちょっと注意が必要みたいです。

レーザー光照射で肌が赤くなることも

肌に黒っぽい色素が多い場合は、その色素に反応して熱が発生し、肌がダメージを受けることもあるそうです。その場合は肌一面が赤くなってしまうみたいです。一種のヤケドみたいなものかもしれません。そこに紫外線が当たるとシミになることもあるっていうから、UVケアをしっかりして肌を休めないといけませんね。せっかく脱毛できてもシミができたら元も子もなくなりますよ。ニードルでは一面赤くなることはないけれど・・・でも誰だってニードルは避けたいでしょう。

レーザー脱毛の前に日焼けは厳禁

なるべく肌にダメージを受けないためには、日焼けをしないことですね。施術前も後も。足の裏や手のひらみたいに黒っぽい色素がほとんどないところならレーザー光照射で熱を持つことはないんでしょうけど・・・うまくいかないものです。レーザー脱毛したくなる時期って夏ですよね、たいがい。でもかなり前もって冬から、いや秋から始めておくのがいいんでしょうね。日焼けとの兼ね合いを考えると。ただ、近頃は夏でも長袖の人が増えてきているから、それはありがたいことですね。

医療レーザー脱毛の施術は資格を持った技術の高い医師やスタッフによって行われるので、高い施術の効果を得ることが出来ます。